Pocket

『この手で患者さんを治す』

01_nishida

仁尾 聖奈 Seina Nio / 理学療法学科 2年(石川県立金沢辰巳丘高校 出身)

もともと看護師を目指していたのですが、お母さんから理学療法士という仕事のことを聞き、調べ始めたことがこの学校に入るきっかけです。まだまだ分からないことだらけですが、「自分の手で人を治す」ことが出来るようこれからも勉強に励んでいきたいです。

社会人での経験がそのまま活かせる!

01_tada

竹田 友輔 Yusuke Takeda / 理学療法学科 2年(鵬学園高校 出身) / 社会人入学

「理学療法士になりたい」という思いが日に日に強くなり、通っていた大学を途中退学し本校に来ました。同じ夢を目指していることもあり、現役生と社会人が協力して日々切磋琢磨しながら勉強に励んでいます。

夢をかたちにするための第一歩

01_kaneda

村上 和輝 Kazuki Murakami / 作業療法学科 2年(石川県立宝達高校 出身)

昔から病院で働きたいと漠然とですが思いがありました。高校の時に病院へ見学に行き、そのとき初めて作業療法士を知り、「これだ!!」と思い作業療法士を目指すようになりました。みんなも夢への一歩を踏み出しましょ~。

興味を惹かれる授業と親身な先生方

01_masuda

井上 真緒 Mao Inoue / 作業療法学科 2年(石川県立羽咋高校 出身)

入学当初はあまり作業療法について深く知りませんでしたが、勉強を重ね、病院や施設での見学を通し、今はどんな仕事よりもこの仕事が自分に合っていると思っています。忙しい毎日ですが、先生方も親身になって相談にものってくれるので勉強に専念して頑張れます。

地元で就職ならやはり地元の学校が有利

02_hirata

荒井 星斗 Hoshito Arai / 救急救命学科 2年(富山工業高校 出身)

私は昔から救急救命士に興味があり、卒業後も地元で就職したいと思い、北陸で唯一救急救命学科のあるこの学校に入学しました。現場経験の多い先生方がわかりやすく教えてくれるので、現場のイメージもしやすく、緊張した授業が受けられます。

毎日の授業で知識も身体も充実

02_yamada

山田 雅季 Masaki Yamada / 救急救命学科 2年(石川県立羽咋工業高校 出身)

将来多くの方から信頼されるような救急救命士になりたいと思いこの学校に入学しました。もともと体を動かすことが好きでしたが、クラスメートとトレーニングを重ねているうちに、前以上に運動が好きになり、お腹もしっかり割れています!!

仲間と支え合いながら充実奈日々

furue

古永 真帆 Maho Furue / 介護福祉学科 2年(石川県立羽松高校 出身)

オープンキャンパスに参加した際、生徒や先生方の親切さと温かい雰囲気が印象に残り、この学校で頑張っていきたいと思いました。専門的な分野はまだまだ難しく感じることもありますが、同じ介護福祉士を目指す仲間に助けられながら日々頑張っています。

介護現場で役立つ知識や技術を修得

02_houkuwa

竹端 謙太 Kenta Takehana / 介護福祉学科 2年(鵬学園高校 出身)

介護福祉士とは介護職で唯一の国家資格です。勉強は大変ですが、1、2年生合同の花見や足湯など行事も多く、学年に関係なく仲良くしています。現場を見据えた実技練習も多く、先生方も親切に教えてくれるので、学校生活も楽しく送れています。