学費・諸経費

学科名 理学療法学科 作業療法学科 救急救命学科 介護福祉学科
入学金 290,000円 290,000円 200,000円 180,000円
授業料 880,000円 880,000円 780,000円 590,000円
実習費 250,000円 250,000円 250,000円 60,000円
施設充実費 200,000円 200,000円 200,000円 200,000円
初年度計 1,620,000円 1,620,000円 1,430,000円 1,030,000円
次年度以降(年額)計 1,330,000円 1,330,000円 1,230,000円 850,000円

※その他、教科書代・実習着代などの実費があります。また、入学手続き時に学費とは別に、後援会費5,000円(年間)が必要です。

学生生活をサポートする支援制度

奨学金

受験生対象

特待生制度

国際医療福祉専門学校七尾校特待生規程に基づき、有為な人材の育成を目的に、下記の出願要件を満たす学生を特待生とし、入学検定料及び入学金の一部を奨学金として給付します。

出願要件 出願資格 奨学金給付金額 選考方法
指定校推薦又は学校長推薦で出願 本校を専願する者で高等学校を平成30年3月卒業見込みの者 高等学校3年間の全体の評定平均値が4.0以上欠席が10日以内の者 入学検定料10,000円および入学金の一部100,000円 書類審査
高等学校3年間の全体の評定平均値が3.4以上欠席が10日以内の者 入学検定料10,000円
本校の在学生又は卒業生の子と兄弟姉妹の者で出願 本校を専願する者 本校の在学生又は卒業生の子と兄弟姉妹の者 入学金の一部100,000円

 

けいじゅヘルスケアシステム 介護福祉士修学資金貸与制度(介護福祉学科対象)

対象者 本校介護福祉学科に在学し、卒業後に社会医療法人財団董仙会あるいは社会福祉法人徳充会に勤務する方
修学資金貸与額 200,000円×年2回×2年間 合計総額最大800,000円 ※無利息貸与
返還の免除 卒業後、3年以上介護福祉士として上記の事業所での介護業務に精励したとき

医療法人財団  持木会 介護福祉士等修学資金貸与制度(介護福祉学科対象)

対象者 本校介護福祉学科に在学し、卒業後に医療法人財団持木会に勤務する方
修学資金貸与額 年額600,000円(月額50,000円)×2年間 合計総額最大1,200,000円 ※無利息貸与
返還の免除 卒業後、3年以上介護福祉士として上記の事業所での介護業務に精励したとき

医療法人財団  愛生会 介護福祉士等修学資金貸与制度(介護福祉学科対象)

対象者 本校介護福祉学科に在学し、卒業後に医療法人財団愛生会に勤務する方
修学資金貸与額 年額300,000(月額25,000円) 合計総額最大600,000円 ※無利息貸与
返還の免除 卒業後、貸与を受けた3倍の期間を介護福祉士として上記の事業所での介護業務に精励したとき

えんやまグループ 介護福祉士等修学資金貸与制度(介護福祉学科対象)

対象者 本校介護福祉学科に在学し、卒業後にえんやまグループ(医療法人社団生生会・社会福祉法緑会)に勤務する方
修学資金貸与額 年額480,000(月額40,000円) 合計総額最大960,000円 ※無利息貸与
返還の免除 卒業後、貸与を受けた期間に1年を足した期間、介護福祉士として上記の事業所での介護業務に精励したとき

社会福祉法人 つばさの会 介護福祉士等修学資金貸与制度(介護福祉学科対象)

対象者 本校介護福祉学科に在学し、卒業後にえんやまグループ(医療法人社団生生会・社会福祉法緑会)に勤務する方
修学資金貸与額 各学期200,000円 合計総額最大800,000円 ※無利息貸与
返還の免除 卒業後、貸与を受けた期間に1年を足した期間、介護福祉士として上記の事業所での介護業務に精励したとき

石川県介護福祉士等修学資金(介護福祉学科対象)

対象者 1.本校介護福祉学科に在学し、卒業後に石川県内において、介護等の業務に従事する者。
2.貸付が決定した後、返還債務免除あるいは返還終了となるまで、就業状況等の所要の調査に協力できる者。
修学資金貸与額 年額600,000円(月額50,000円)×2年間 合計1,200,000円 ※無利息貸与
※ 別途、入学準備金貸付(入学時:20万円以内)、就職準備金貸付(卒業時:20万円以内)の制度もあります。
返還の免除 卒業後、1年以内に石川県内において、介護等の業務に従事し、引き続き5年以上従事したとき

その他

日本学生支援機構をはじめ、各都道府県及び市町村などの奨学金制度を利用する事ができます。

奨学金(日本学生支援機構)に関するQ&A

「社会人A君の場合」

Q:入学金等についてとりあえず親から借りたのですが、奨学金を申請して返そうと思っています。どのような方法がありますか?

A:日本学生支援機構の奨学金には第一種(無利子)と第二種(有利子)があります。 第二種の場合、貸与金額を選択して(3万・5万・8万・10万・12万)申請します。 申請が通りますと、貸与採用決定月(例年7月~8月中)に関わらず、4月までさかのぼって貸与を受けることができます。また、入学時のみ特別増額貸与奨学金(10・20・40・50万より選択・有利子)を申請することもできます。ただし、申請については諸条件がありますので詳細はお問い合わせ下さい。

「高校2年生Bさんの場合」

Q:進学を希望していますが、入学金等の準備について悩んでいます。

A:日本学生支援機構には、高校3年時に予約採用という制度があります。高校時に申請し採用されれば、入学後の早期に貸与されるというメリットがあります。また、入学時のみ特別増額貸与奨学金(10・20・40・50万より選択・有利子)も併せて申請することができます。詳細については在学中の高校にお問い合わせ下さい
本校の奨学金制度についてはこちら。