Pocket

在学生の声

村上 未実 Murakami Minori

理学療法学科3年(石川県立野々市明倫高等学校 出身)

 

なぜ国際医療福祉専門学校七尾校に?

高校のときに「人の役に立てる仕事がしたい」と考え、家族の病気をきっかけに理学療法士を目指すようになりました。そこで、進路先を探していたところ国際医療福祉専門学校七尾校に出会いました。入学前から先生が不安や心配事に親身に相談に乗って下さり、ここなら安心して勉強ができると思い入学を決めました。入学してからの勉強は初めて知ることが多く、最初はは大変だったけど今は少しずつ理解できるようになり、毎日が充実しています。これからも専門職としての質の高い技術だけでなく、医療人としての社会性も身につけ、少しでも早く期待に応えられる理学療法士になりたいです。

 

国際医療福祉専門学校七尾校いいところは?

①少人数制で先生との距離も近く、一人ひとりにあった指導とアドバイスをしてくれるところ

②学校内でデイサービスを運営してるので、実践力を身に着けることができる場所がすぐ近くにあるところ

③スクールバスや学生寮が充実していて通学がしやすいところ 

村上さんの一週間(2年次前期)

MON TUE WED THU FRI
1限目 動作分析学 義肢装具学実習 運動療法学
実習
物理療法学
実習
2限目 発達障害学 日常生活
活動学実習
理学療法
評価学
3限目 中枢神経障害
理学療法学
骨関節障害
理学療法学
病理学 骨関節障害学
4限目 神経筋障害理
学療法学
内部障害
理学療法学
臨床心理学 内部障害学 精神障害学
5限目 薬理学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松木 祐哉 Matsuki  Yuuya

救急救命学科2年(富山県立氷見高等学校 出身)

 

救急救命士を目指したきっかけは?

私が救急救命士を目指す志望動機は、小学生の頃からの憧れがあるからです。私は、小学生の頃から野球を続けていました。ある日の試合の時に、首にバットで打たれたボールが当たり、倒れたチームメイトがいました。そのチームメイトにすぐ駆け寄り観察や処置をしてくださった、救急救命士の保護者の方がいました。その方に憧れを持ちました。他の保護者の方が救急救命士の方が近くにいると安心すると言っていて誰かのためになれる、かっこいい仕事だなと思いました。その日を境に私は救急救命士を目指しました。

 

なぜ国際医療福祉専門学校七尾校に?

救急救命士という資格を得るため国際医療福祉専門学校七尾校に進学しました。七尾校を志望した理由は家から近く通いやすい場所だったということが一番大きかったです。ですが、救急救命士の資格を取るため3年間の座学と実技の授業があり、一般的な大学とは違い専門的なことを短期間で、詰め込無事ができ、消防就職にも対応していて、勉強できる場所だったことが志望動機となりました。
この七尾校で私は救急救命士の資格を取る事を目標とせず、取った後に消防や病院で様々な活躍ができる救急救命士を目指しています。医師から認定をもらったり、学会で発表をし、指導救命士という役職ももらえます。私は人命救助を一番におき、知識をつけ、人に教える事ができるほどの救急救命士をめざしています。

 

国際医療福祉専門学校七尾校いいところは?

①実技や実践活動の授業や実習の時間が多く、即戦力になれると思う

②実際の救急車や消防車を使っての練習ができるところ

③スクールバスや学生寮が充実していて通学がしやすいところ