OT学内評価実習☆

10月7日、10月14日と地域の高齢者の方を招いて、身体の状況を調べさせていただく、「評価」実習を行いました。

今回、作業療法学科の学生が感想を述べてくれましたので、ここに記載します。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

平成26年10月7日(火)、10月14日(火)と2日間に渡り、実際に脳梗塞を患い現在リハビリ中の方に来ていただきました。そこで、私達学生は臨床現場を想定した面接や検査を実施し、目の前の方をアセスメントすることで、より現場に近い体験を得ることができました。

作業療法学科2年 廣田 俊介

P1000029

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

10月7日(火)、10月14日(火)のⅢ校時に、実際に脳梗塞を患ったがリハビリを受けながら自宅で活発に生活されている方が来てくださいました。

1日目は関節の動く角度を見る検査や感覚を調べる検査などの身体の動きについて見させていただき、2日目ではバランスを見る検査や模擬的に衣服を着る、お風呂に入る動きを見る動作についてのアセスメントを行いました。

2日間を振り返り、練習と本番との緊張度は非常に違うものだと改めて感じることができました。私は平衡機能というバランスを見る検査を行いましたが、実際に障害を持った方の前に立つと頭の中が真っ白になり、検査の手順が分からなくなることもありました。その時に、やはり経験を重ねていくことがとても大切であり、経験を積むことで自分のレベルもどんどん上がっていくのだろうと感じました。

私はこれからも何事にもチャレンジすることで自分自身を向上させていきたいと思っています。皆さんも一緒に、自分のレベルを上げるために様々なことに挑戦して何事にも挑んでいきましょう!

作業療法学科2年 坂下 光洋

平衡反応評価

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

学内評価実習にご協力いただいた当事者の方はもちろんのこと、廣田くん、坂下くんコメントありがとうございました!!

P1000040

 

以上、石川県七尾市にある理学療法士、作業療法士、救急救命士、介護福祉士を養成する医療福祉系専門学校“国際医療福祉専門学校七尾校”がお送りいたしました!!

Pocket
LINEで送る