応急処置 気道確保 経口・経鼻AW実技試験

応急処置 気道確保 経口・経鼻AW実技試験を行いました。

 経口AW実技試験   

 

 経鼻AW実技試験

救急救命学科 1年生 

気道確保 経鼻AW実技試験 基本的な手技の試験となります。

救急救命士だけではなく、救急隊員も用意に使える気道確保器具として、経口AWや経鼻AWという救急資器材があります。

 

使用用途:意識障害などで舌根沈下(自分の舌が気道を塞いでしまっている状態)を起こしている傷病者に使用します。

 

経口AW注意点:意識がある場合咽頭反射により、嘔吐を誘発してしまう可能性があり(口の中に指を奥まで入れて、吐きそうになるイメージです)、もし、逆流した場合、気道を閉塞してしまう可能性があります。

 

経鼻AW注意点:頭部外傷などを負っている傷病者、血圧上昇が不利益になる傷病者(くも膜下出血など)、抗凝固薬などを服用している傷病者(血をサラサラにする薬)には禁忌です。 その他注意点や禁忌については、口頭試問を行っています。

その他注意点や禁忌については、口頭試問を行っています。

まだまだ気道確保方法などで改善しなければいけないところはたくさんありますが、救急救命士として日々成長していることが実感できます。

救急救命学科

 

Pocket
LINEで送る