PBEC(病院前熱傷救護)コース

PBEC(病院前熱傷救護)コース

傷病者役として参加させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本熱傷学会が行っている、病院前熱傷救護コースは、熱傷に対する病院前救護活動を標準化させ、熱傷による死亡者を減らすことを目的として行われています。

医師、看護師、救急救命士が参加し、試験も含め一日行われました。

専任教員も受講し、今回認定をとらせていただいております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教員、そして学生も、標準化コースを受講、体感することにより得られるものは多いと思います。

知識、技術、交流、、様々な機会を活かし、救急救命士として、少しでも成長できるよう、頑張っていきたいと思います。

 

「変えられないのは他人と過去、

                       変えられるのは自分と未来」

 

救急救命士は、自分の未来だけではなく、他人の未来も背負っています。

病院前救護のプロフェッショナルとして、昨日の自分よりも、今日の自分が1%でも成長できるように。

日々、積極的に講習会やボランティアにも参加しています。

Pocket
LINEで送る