H29年12月2日(土) 西日本学生救急救命技術選手権大会 出場

H29年12月2日(土) 西日本学生救急選手権大会 in 京都

京都橘大学で西日本学生救急救命技術選手権大会が開催され、

全7チームの大学、専門学校の救命学科の学生が、

日頃勉強、訓練してきた成果を、

Station1~Station7までの内因性、外傷、スペシャルブースなど、

様々な現場を想定したブースで救急シミュレーションを行い、

地元消防の方や教員から評価していただき、技術力や知識力を競い合いました。

 

 

 

 

 

 

 

(選手権大会の様子)

本校では、まず学内選手権選考会で6人が選抜されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(10月 学内選手権選考会の様子)

その後、12月2日に行われた選手権に向けて、勉強や訓練を行い、

本番に臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(選手権大会本番の様子)

かなり緊張したようですが、

Station2(内因性):3位

Station4(胸骨圧迫評価):2位

Station7(スペシャル):3位

とStation別で成績も残せることが出来ました。

来年度(H30年)は5年に1度全国大会も開かれます。

次回大会に向け、

知識と技術と思いやりを持った活動ができるよう

学生、教員が一丸となって、訓練や勉強に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

救急活動自体は、競うものではないのかもしれません

しかし、本大会を通して、自分たちに何が足りなかったのか、

これからどんな訓練をしなければいけないのか、

たくさんのことを感じ、成長してほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防官や海上保安官、警察官や自衛官など

人を助けることに興味のある方は是非ご連絡ください。

そして、現在はスカイツリーやUSJなどのテーマパーク、

警備員などあらゆるところに救急救命士が働いています。

興味のある方は、是非ご連絡ください。

救急救命学科

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る