義肢装具学で『アームスリング』作製しました☆

後期の授業が始まり、約1カ月間が経ちました☆

休みボケも落ち着き勉強に励んでいますが、講義ばかりでは気が滅入るので、4、5校時に『アームスリング』作製を行いました☆

もちろん、思い付きではなくシラバスにも入れてあります(^0^)

『アームスリング』とは、腕の骨折や麻痺によって動かないときに、体に密着させ固定するための補装具の一つです。

2枚のタオルをうまく縫い合わせることで、簡易的な『アームスリング』が作製でき、臨床現場でもよく用いられます

学生によっては、ミシンを使うことが小学生以来ということで、かなり苦戦していました(^^;)

もちろん、利用者さんのために作製するので、男性だろうとしっかりきれいに縫えなきゃいけません!!

 

Pocket
LINEで送る