第12回 西日本学生救急救命技術選手権大会 総合2位!!

令和元年11月30日(土)

東海医療科学専門学校(名古屋)で第12回西日本学生救急救命技術選手権大会
に出場しました!!

出場校 8校

神戸医療福祉専門学校 三田校(兵庫県)
大阪医専(大阪府)
東洋医療専門学校(大阪府)
京都橘大学(京都府)
明治国際医療大学(京都府)
国際医療福祉専門学校 七尾校(石川県)
中部大学(愛知県)
東海医療工学専門学校(愛知県)

西日本学生救急救命技術選手権大会は、日頃から救急救命士国家資格取得に向けて
勉強に励んでいる、西日本地区の大学・専門学校対抗の「救急活動を競い合う」大会です。

ブースは6つ、内因性疾患・外因性疾患・CPA・スペシャルブースなどが用意され、
それぞれのブースに合った救急活動を実施し、評価し、競い合います。

 

どのチームも「傷病者のために」という思いが伝わってくる、
とても素晴らしい救急活動を行っていました。

この日のために努力してきた学生たち、その学生たちの思いを、
本気にさせるようにご尽力いただいた、主幹校の東海医療工学専門学校の皆さま、
JESA(全国救急救命士教育施設協議会)の担当の皆さま方には「感謝」という言葉しかありません。

救急活動だけではなく、私生活においても模範となるような学生として、
来年度は「優勝!!」目指して、頑張って行こうと思います!!

ご協力いただいた、ご家族、先生方、卒業生、在校生の皆さま、
本当にありがとうございました。

そして優勝した京都橘大学の皆さま本当におめでとうございます。

Pocket
LINEで送る