新年始業式+学内成人式セレモニー

新年あけましておめでとうございます。

本日始業式と新成人セレモニーが行われました。

 

 

 

 

 

 

まず副校長から新年の挨拶があり、

箱根駅伝で快挙を成し遂げた、駅伝初出場の青山学院大学3年生林奎介さんの

お話をしていただきました

「夢に向かって努力をしていたら、必ず報われる時が来る」

と言われました。

自分たちの夢は何なのか、自分が目的としているものはなんなのか

夢が叶った後、自分がどんなことをしたいのか、

自分の目標を明確にして、進むべき道を見失わないように

新成人として、自分の夢に向かって、頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左 理学療法学科 右 介護福祉学科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左 作業療法学科 、 右 救急救命学科)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「夢が叶う」ということが、努力の報いと考える人もいますが、

「努力の報い」=「夢が叶う」ではありません。

「報い」とは、ある行為の結果として身にはね返ってくる事柄という意味です。

努力してきた過程には、それに関わってきた、仲間、継続力や乗り越える力、

目に見える宝、目には見えない宝がたくさんあります。

新年気持ちを切り替えて、専門学生として、専門分野に対する

知識と技術と思いやりを学んでほしいと思います。

Pocket
LINEで送る