「OPLL(後縦靭帯骨化症)友の会」語り部講演

6月29日(月)に

「OPLL(脊柱靭帯骨化症)友の会」の方による特別講演が開催されました。

 

<OPLLとは>

・後縦靭帯骨化症といわれ、脊柱靭帯骨化症のひとつである。・頸椎、胸椎、腰椎の1つ1つの脊椎をつなぎとめている靭帯が骨化して厚くなることで、脊髄の神経を圧迫する難病である。

・腕や足のしびれ、痛み、冷えなどの耐え難い様々な症状が現れ、細かい動作が難しくなったり、歩くことも困難になることもある。

・進行すると立てなくなったり、寝たきりの状態になったりもする疾患である。

 

今回、石川県OPLL友の会の会長 大田和子氏、事務局長の上口勲氏が体験をもとにOPLLについてお話をしてくださいました。

発症から手術、その後の生活についてのお話からOPLL友の会についてのお話もあり、難病と闘いながら生活を送られていますが、同じ疾患を患っているにもかかわらず知らずに診断を受けていない方々のために、自らを活かして会の運営や講演を開催されているお二方に深く尊敬の念を抱きました。

 

IMG_8659IMG_8666IMG_8662IMG_8691

 

 

Pocket
LINEで送る