ロープ結索訓練、三連梯子取扱訓練

~救急救命学科2年生~

ロープ結索(結着)訓練と、三連梯子の取扱訓練を行いました。

DSC_0002 DSC_0015

まず、どんな「物」にも、「強度」というものがあります、

これ以上の重さで使用しないでください、

これ以上の重さだと壊れちゃいますよ そんな意味合いがあると思ってください

救命学科の学生が目指している、

【消防吏員】が救出などで使っている「物」にも必ず「強度」があります

それを知らなかったら、現場で人命救助中にロープが切れてしまう可能性だってあります。

※ロープ使用時で約2.6トン程度の規格強さがあります

巻き結びでは2.4トン、もやい結びでは2.3トン

一番弱い部分は結び目です。

※三連梯子は、全伸梯8.7m、全縮梯3.5m

梯子全体にかかる重さでは180キロ(大人3人)(空気呼吸器などの装備を考えると2人)

一か所にかかる重さは130キロ(大人2人)

当校の三連梯子。(物によっては違いますのであくまで参考として)

「使う物」をまず「知る」ということを勉強した後、その「危険性」についても周知させ

訓練を行いました。

DSC_0003 DSC_0017 DSC_0025

(ロープ結索訓練)  (三連梯子に巻き結びを結着) (腕立て伏せ)

1496366280813

消防車も導入されたため、救急活動の訓練と合わせて、消防車輌の訓練も

これから取り入れていきたいと思っています。

なりたいものに近づけるように、目標を持って、

日々過ごしてほしいですね。

興味がある方は、オープンキャンパスもありますので、

お気軽にお声かけください!!

理学療法士作業療法士救急救命士介護福祉士もありますので、

興味のある方は是非ご覧ください。

Pocket
LINEで送る