郊外授業 in 羽咋

授業の中で「障害の理解」という科目があります

障害のある人の生活を理解しよう!

自立に向けた生活支援とは?

地域とのかかわりなどなど・・・学校の中で話を聞いていますが

やっぱり体験することが一番勉強になるんですよね!

今日は《一般社団法人つながり》さんの「夢生民」「はっぴい・すまいる・AKB」「楽生」を訪問しました

先ずは「夢生民」就労継続支援カフェ併設の地域サポートハウス!

  

 

みなさんそれぞれ持ち場のお仕事をされていました。

ここで描かれてるメニューも人物画ものちに紹介しますY画伯ですw

 

施設内は木のぬくもりが温かく広い空間で、2階には800kgまで耐えれるネットや児童図書が充実

お昼は美味しい日替わりランチを頂きました!

 

 

パティシエYさん!チーズケーキは絶品です♪ご馳走様でした

次に「はっぴい・すまいる・AKB」のグループホームの見学

施設は一見民家!自分達で役割も決めて共同生活しています

 

最後に「楽生」を訪問!障害を持つ方々の仕事の支援をしています

先ほどのY画伯もいらっしゃいました!順番待ちになる人気です♪

 

 

 

みなさんとてもいきいきしていて笑顔なんです

今日1日、貴重な体験となりました

Pocket
LINEで送る